クリエイターへの近道!ゲーム専門学校とは

ゲームの専門学校はどんなところ?

ゲームソフトの制作にはいろいろな職種のスタッフが関わっています。企画、プログラマー、デザイナー、作曲家などです。これらの仕事をするために必要な基本的な知識を学べるのがゲームの専門学校です。職種によって身につけるべき知識が異なるため、ほとんどの専門学校では職種別にコースを分けて学生を募集しています。基本的な知識の習得と実践を経験して卒業すると、クリエイターとしての第1歩をスタートすることになります。

専門学校の探し方について

ゲームクリエイターを養成する専門学校はたくさんあります。志望校を決めるときは、まずは自宅から通うのか、ひとり暮らしをして通学するのかを決めましょう。そうすると、自然と候補となる学校がしぼられてきます。候補の学校で学校見学のイベントが開催されるなら、ぜひ行ってください。学校の雰囲気を体験できますし、スタッフに疑問点を相談することもできます。あとは、卒業生がどのような進路を取っているかも調べてください。就職率などの具体的な数字はとても重要です。

卒業後の進路にはどんなものがあるの?

ゲームの専門学校を卒業すると、ゲームソフトの開発会社に就職するパターンが多く見られます。しかし、ゲーム業界は比較的人気の高い分野であるため、ゲーム業界の志望者が全員就職できるとは限りません。そのため、ゲームソフトとは無関係の一般的な企業に就職して、プログラムやデザインの知識を活用する例も多くあります。また、人数はあまり多くありませんが、大学への進学や留学を希望してさらに専門的な知識を学ぼうとする人もいます。

ゲームの専門学校に行けば、モーションキャプチャなどをつかったゲームプログラミングなどを効率よく学ぶことができます。